トップ

投資で注意すべきこと

投資で得たお金とは

住宅

投資の利益は税金を払う

投資というと、利益は上げますが、働いて得たお金ではありません。そのため、税金を払わなくてもバレないと思っている人が大勢います。しかし、株やFXで儲けて、税金を払わずにそのまま脱税の罪で逮捕されるケースが増えています。確定申告をして、国にしっかりとお金を払ってください。そうしないと、後でしっぺ返しを食らう事になります。投資の利益は、人によっては莫大なものになります。そうしたものを隠して自分だけのものにしたとしても、税務課が地道な努力でそれを探し出します。そうなれば、追加徴金や下手をすれば脱税で捕まってしまう事になるのです。

利益と税金について考える

個人から集めた小さな資金を大きな資金にまとめ、専門家が運用し利益を目指してくれる投資信託ですが、税金の扱いはどうなっているのでしょうか。株式型の税制は基本的には株と相違なく、口座の種類によって確定申告が不要だったり、税率についてや、損益通算ができるなどほとんど同様の扱いになっています。一方、公社債型の場合は、損益通算ができなかったり、損失の繰り越しができないなど、税制面で特に優遇措置はありません。投資信託は株と同じように考えて良いものですが、株式型の方が優遇が多くなっていますので、公社債型の場合は注意しましょう。

投資のお得な情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 投資で注意すべきこと. All rights reserved.